造園でキレイな庭を完成させよう~四季折々の草花~

剪定

花を咲かせるための管理

フラワー

バラを綺麗で大きく育てようとした場合は剪定作業が大切になり、花が咲き終わった後には伸びた枝をカットしてあげる事が大切です。剪定をする事によってバラは良い花を咲かせるようになり、また花の数が増えるため見ごたえのある株に育てる事が可能です。剪定をする事によって古くなった株に活力を与えて、若返らせる効果もあり、新しい芽が出てくる事によって株が美しくなります。 植物は成長するためには日光が必要で、自然のまま放置しておくと株の奥の方まで日光が届かなくなり、枯れてしまいます。バラの剪定をする事で、株の奥の方まで日光が届くようになり、健康なバラを作る事ができます。またバラは風通しの良い場所を好むため、剪定をして風通しを良くする事が肝心です。

バラは成長すると枯れてくる枝や痛んでくる場所があり、そのまま放置しておくと見た目が悪くなります。そういった場合も剪定をして枝を切ってやる事で、見た目の悪い部分を取り去る事ができるため重要な作業です。剪定する技術は簡単ではないため、すぐにはコツがつかめないかもしれませんが、繰り返す事で徐々に上達していきます。 バラの剪定をする時には、前日に水を多めに与えておく事が大切で、良い状態の時を見計らって行うと良いです。剪定をする時にはバラの株元に落ちている葉を掃除して、綺麗にしておく事が肝心です。そうする事によって、株に病気が発生する事なく健康な株に育ちます。剪定が終わったら肥料を与えて、株をより大きくさせる事が重要です。