WEBライティング技能検定を受けて新しい仕事をゲット
ロゴ

書く仕事に役立つWEBライティング技能検定の魅力

ニーズが高まっている

クラウドソーシングやSOHOといった新しい雇用スタイルが台頭している昨今、働き方が根本的に見直される時代に入っているといえるでしょう。PCやスマートフォンなどがあってインターネットが繋がる環境さえ整っていれば、いつでもどこでも自由に仕事ができるようになっているのです。そんななかでもとくにニーズが伸びているのがWEBライターの仕事になります。

働き方の違いは?

クラウドソーシング

個人と企業を繋ぐのがクラウドソーシングサービスです。専門のサービスを仲介して仕事を発注したり、請けたりします。企業にとっては相場よりも安価に発注できますし、個人にとってはコネクションがなくても仕事を探すことができます。案件が多岐に渡り、自由に選べる点も特徴です。フリーランスや副業を目的にしているユーザーが多いです。

SOHO

SOHOは、SMALL OFFICE HOME OFFICEの略語です。いわゆるフリーランスや業務委託といった働き方を指す意味合いになりますが、特定の個人や事業主に発注することになりますので、不特定多数に向けて仕事を発注しているクラウドソーシングとは異なります。

WEBライティング技能検定を受けて新しい仕事をゲット

ウーマン

WEBライターになるには

インターネットは現代社会に欠かせないものです。その中でもいろいろな分野で活躍が期待できるのがWEBライターという仕事です。WEB上で文章や情報を発信する仕事になりますが、テクニックやスキルが必要とされます。

パソコンを操作する人

資格がある

WEBライターとしての可能性を高めるためには、WEBライティング技能検定を受けることが得策です。この資格を取得するとWEBライターとしての実力がアピールできますし、新しい仕事を獲得するチャンスが増えます。実際に合格者特典を受けられるクラウドソーシングサービスもあります。もちろんビジネス系の資格はいろいろありますので、他にも取得するとさらに仕事の幅が広がるはずです。モチベーションアップに関する資格など多種多様ですので、興味のある分野から挑戦していくといいでしょう。

可能性を高めるために

自分に合った働き方ができるクラウドソーシングが注目されています。資格を取ることでより仕事のチャンスが広がりますので、ニーズに合わせて取得していきましょう。

広告募集中